痛みなどを取り除く無痛の歯科治療!その種類を確認してみよう

メンズ

無痛治療ってどんなもの?

歯や歯茎など口腔内にトラブルが発生したら歯科医院で治療をします。しかし、一般的に歯科医院での治療は痛い、怖い、不快感があるとのイメージから治療を避ける人もいるでしょう。そのような人たちにおすすめしたいのが「無痛治療」です。無痛治療とは、痛みや不快感を取り除いた治療法で患者の精神的ストレスを和らげてくれます。最近では無痛治療を取り扱っている歯科医院を増えているので、ぜひ活用してみましょう。歯のトラブルを放置しておくと症状が進行して、取り返しのつかない事態になる恐れもあるので、無痛治療で治していくと良いですよ。

院内

静脈内鎮静法

無痛治療の種類に「静脈内鎮静法」と呼ばれる方法があります。腕の静脈に麻酔薬の点滴を投与する無痛治療となっているでしょう。この静脈内鎮静法を実施している最中はほぼ眠っているような状態で本来の治療をすることが出来ます。うっすらと意識はありますが、痛みや不快感を感じることなく歯の治療が可能と鳴るでしょう。ほとんどの歯の治療で適用されており、虫歯や歯周病で悩んでいる人におすすめですよ。快適に治療をしたいのなら、無痛治療である静脈内鎮静法を選択しましょう。

治療器具

全身麻酔

上記の静脈内鎮静法とは別に、無痛治療には「全身麻酔」も行えます。全身麻酔と言えば、外科手術の際に実施するものだと認識している人が多いですが、実は歯の治療でも受けることが出来ます。静脈内鎮静法が効きにくい人や障害などの理由で通常の治療が困難とされる人、長時間の歯科治療を受ける人などに適用されるでしょう。全身麻酔となっているので、眠っている間に治療が終わります。なお、全身麻酔はそれに伴った設備が完備されていない歯科医院だと受けるのは難しいです。そのため、全身麻酔を希望する場合は事前に確認をしましょう。

知っておこう!歯科医院で使用する麻酔の違い

表面麻酔

歯科治療の際に使用する麻酔は色々あります。今回は代表とされる「表面麻酔」と「笑気麻酔」の違いについて把握しましょう。歯茎に注射針を刺す前に使用する麻酔が表面麻酔となっています。注射針を刺す場所に表面麻酔を塗ることで、注射の痛みや恐怖を和らげてくれますよ。

笑気麻酔

一方で笑気麻酔とは、鼻から笑気ガスを吸引して気持ちをリラックスさせる麻酔となっています。笑気麻酔をすることで完全に意識がなくなるというわけではありませんが、恐怖心や不快感などを和らげる効果があるでしょう。歯科麻酔と併用して実施するのが基本となっています。

早めに治療をしないと…

歯や歯茎に関する病気は色々ありますが、症状の治療を早めにしないと最終的には歯を失ってしまう恐れがあります。永久歯を失ってしまうともう2度と歯は生えてこないので、のちの生活に悪影響を及ぼします。治療が怖いと言って歯科医院の受診を避ける人もいますが、上記でも紹介している通り、無痛治療を実施しているので恐れずに治療を受けましょう。また、代表的な歯のトラブルも把握しておくことも大事です。

代表的な歯のトラブル3選

歯型

虫歯

誰しもが経験したことであろう歯のトラブルに「虫歯」があります。虫歯とは口腔内に存在している細菌が、飲食で発生する糖分を餌にして作った酸が原因で溶けてしまうことを刺しています。主に丁寧に歯磨きをしていない、甘いものばかり食べる人が虫歯になりやすいでしょう。虫歯の初期症状は特に痛みはありませんが、症状が進行するにつれて痛みや腫れを引き起こすので注意が必要です。

歯周病

歯茎や骨にダメージを与えてしまうトラブルに「歯周病」があります。成人している人のほとんどが歯周病を発生しているデータもあることから、非常に身近なトラブルと言えるでしょう。歯を支える組織を崩壊させる病気なので、最終的には歯が失ってしまうという怖さがあります。歯茎の腫れや出血などが主な症状で、主に口の中が清潔ではない、喫煙、ストレスの影響で発症します。

親知らず

歯の病気とは違いますが、「親知らず」も歯のトラブルとして知られています。奥歯の奥にある部分に歯が生えてきて、腫れや違和感を引き起こしてしまうでしょう。また、親知らずの生え方次第では、歯並びに影響を及ぼすので抜歯する必要があります。そして、親知らずが生えている部分は歯磨きが難しく虫歯になるケースも珍しくありません。

広告募集中